ニットの季節到来?


こんばんは。

昨日まで開催しておりましたジーンズイベント [FIND YOUR BLUE]にご参加いただいた皆様、大変ありがとうございました。

カジュアルウエアの基本、ジーンズにスポットを当てた新しいイベントでした。

五來手にただいたお客様には満足いただけたようで何よりです。

今後もCIRCLEらしいファッションのご提案ができるよう頑張っていきますよ!

 

 

さて、朝晩はずいぶん寒くなってきましたね。

昨日まで開催されていた佐賀の一大イベント「バルーンフェスタ」。

昼間は暑い日が多かったですが、早朝からお出かけだった方は寒かったのでは?

 

お店でもニットの売れ行きが良くなってきています。

まだロンTも売れてますけどね…

それでも売れる割合がずいぶん増えてきています。

 

本日は、CIRCLEで毎年定番的に取り扱っている「シェットランドウール」のニットをご紹介します。

 

[Harley of Scotland] シェットランドウールクルーネックニット

シェットランドウールとは、スコットランドの北にある、シェットランド諸島に生息する羊からとれるウールです。

厳しい冬の寒さや湿度の高い天候、それに海草を副食に採るなどの飼育環境によって、柔らかい毛質をもつのが特徴です。

通常はアンダーコートといわれる内側の毛だけを使います。

シェットランド種の羊は生息数がかぎられ、そのうえ1頭あたりから得られる産毛量が少ないため、現在では大変貴重なものとなっています。

 

素材の特徴は、とにかく軽くて暖かい!

そして、こちらのブランド、ハーレーオブスコットランド(Harley of Scotland)は1929年スコットランド東海岸に設立。

シェットランドウールとフェアアイルセーターのニットファクトリーです。

柔らかな糸で編まれたニットウェアは軽く暖かく心地良い着心地、純血シェットランドシープ ヴォートルゥーシェットランドウールのナチュラル感と リアルシェットランドウールの美しい発色も格別です。

シームレスニッティング(輪編み)もスムースな良い着心地を提案しています。

 

実際、昨年まではこちらのファクトリーで作られている別ブランドを取り扱っていましたが、新たな仕入れ先でお手頃価格のものを見つけましたので、こちらに変更しました。

僕自身も数枚所有していますが、シンプルで飽きの来ないデザインなので、毎年活躍していますよ。

サイズ感も程よいゆとりがあります。

でも大きすぎないので、小柄な方でも着用出来ますし、アウターにも響きません。

 

冬に活躍する cream

ダークカラーのアウターが多くなるこれからの季節にぴったりです。

昨年は人気ナンバーワン!

 

 

 

 

今のところ、今シーズンの売れ行きナンバーワンの g.flower

 

 

 

 

 

 

安心感のある med gray

グレー系のニットは外せません。

 

 

 

普通のネイビーよりこのブランドでは圧倒的な人気 petrel

ネイビーにグリーンがミックスされた感じです。

ブランドとしては一般的な紺色もありますが、CIRCLEで同時に並べていると、圧倒的にこちらの方が売れ行きが良いです。

 

 

 

 

 

昨年までの売れ筋カラー3色に、今年はイエローをチョイスしましたが、どれも評判良いですね。

目新しさからか、イエローを手に取る方が多いですよ!

 

まだ画像の用意が出来ていませんが、同じシリーズのタートルネックもありますので、合わせてご検討ください。

 

 

それではまた。